本文へスキップ

保育士資格の取得方法と仕事先

保育士資格の取得方法と仕事先

保育士資格の取得方法と仕事先

保育士資格取得の条件

世の中にはたくさんの職業がありますが、医師として働くには医師免許が要るように、特定の資格を持っていなければ就くことができない仕事も多く存在します。保育士もその中のひとつであり、保育士資格を取得しなければ保育士として保育所などで仕事をすることが認められません。保育士資格を取る方法は主に2通りあり、ひとつは保育士養成施設を卒業するパターン、もうひとつは保育士試験を受けて合格をするパターンです。保育士の資格取得後には保育士登録手続きを済ませ、保育士証を取得することで、仕事をすることが可能となります。

保育士試験は筆記試験だけでなく実技試験もあり、筆記試験は9科目、それぞれの科目で60%以上の正解で合格です。実技試験は言語・音楽・造形の3科目の中から2科目をチョイスして受験します。選択した各科目で60%以上正解すれば合格となります。合格率は年によって違いはあるものの、10〜20%と突破するのが難しい部類に入る試験といえるでしょう。

保育士養成施設に入り、卒業する場合以外はこの保育士試験で合格を勝ち取る方法を選択する形になります。転職して保育士として働くことを望んでいる人、子育てがひと段落して手に職をつけたいと考えている人など、それぞれ事情があるでしょう。保育士試験で合格するための方法は3種類あり、当サイトでそれぞれの勉強方法の特徴を解説しています。また、保育士としての仕事内容も紹介していますので、保育士になりたい人はぜひご一読ください。